食事と大きなお尻の関係

ヒップを小さくするおいしい食事

美しいお尻をつくる食事を考えるときは、「どういう食事をすれば美しい骨盤でいられるか」を考えればいいでしょう。
美しくないお尻とは、腹筋からお尻、脚の筋力の低下が原因です。筋力が低下していると、骨盤という、大きくて大切な骨のあつまりがバランスを崩しています。

 

よく骨盤が美しくないとO脚になったりX脚になったり、お腹がぽっこり出ますよと言われますが、そこに「美しくないお尻になる」ということも、もれなく加わってくるのです。
つまり、お尻はお尻単体としてとらえるのではなく、お腹や脚と関連しているパーツであるととらえるべきで、関連パーツの統括部長は「骨盤」です。骨盤がよろこぶ食事をしましょう。

 

骨盤がよろこぶ食事

具体的な栄養素を言えば、すべての栄養素が大切。
すべての栄養素をバランスよく摂ることが、骨盤がよろこぶコトです。
でも、無理をして食べたり、厳格にカロリー計算をして食べることはありません。

 

カラダが欲しがっている食事を、カラダが欲しがっているぶんだけ食べる。
これを意識しましょう。

 

私たちの多くは、食べすぎか食べなさすぎです。どんな食事でも、いまの食事は味が濃くできているので、つい、食べすぎます。
ほんの100年くらい前の日本人の食事は精進料理みたいに、「味がうすいなあ」という食事でした。だから食べすぎることもなかったのです。

 

今は食がエンターテイメントしたり、セールスしたりという時代なので、「味で満足させて、リピーターをつくろう」という食品メーカーや飲食店の希望があるから、必要以上に濃い味になっています。そういう食事をおいしくたくさんいただいているか、太るから極端に食べないかの、いずれかが、多くの女性の食生活になっています。

 

暑いとお水を欲しがるように

カラダは暑いとお水を欲しがります。そして私たちはそのカラダの声に素直に従ってお水を飲みます。
本来は、食生活にもそういう姿勢がすごく大切なのです。

 

お腹が減っていないと、1食抜いてもいいでしょう。
「今日は野菜が食べたいな」と思えば、ボウル1杯のサラダを食べるといいのです。
そこに、なにも「付け合わせにブタのショウガ焼きでも…」なんて、必要ないでしょう。

 

バランスの良い食事というのを、多くの人は誤解をしています。「あなたのカラダにとって」バランスがいい食事を食べるべきで、なにも、学校給食のように1回のメニューに必要栄養素をしっかりと詰め込みましょうという話ではないんですよね。
そういうことをするから、食べすぎたり、また、食べることに恐怖心を覚えたりするのです。

 

カラダが欲しがっているものを欲しがっている量だけ食べていたら、自然と美尻になります。
なにを食べるべきかは、個々人が自分のカラダに聞いてみましょう。一般的な正解はないのです。

ヒップを小さくする食事法とは?記事一覧

置き換えダイエットという言葉があります。肉の代わりにダイエット加工食品の豚肉のシュウマイを食べる…みたいなコトを「置き換えダイエット」と呼びます。加工食品の豚肉のシュウマイは、豚肉のシュウマイの「ようなもの」であって、豚肉のシュウマイではありません。つまり自然な食品ではなく「加工」食品ですから、不自然な量の脂や粉をたくさん使って「なんちゃって」豚肉シュウマイになっているのです。ここでは「なんちゃっ...

page top